2 16, 2005

 『にがい涙の大地から』 東京連続上映会のお知らせ

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
     ドキュメンタリー映画 『にがい涙の大地から』
          東京連続上映会のお知らせ
     3月2日日〜9日まで  日中友好会館大ホール
         お得な前売りチケット発売中!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■■  戦争が終わって60年 
 ■■      中国の大地には今も
 ■          日本が棄てた兵器たちが眠り続けている
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
7月以来、各地で上映を続けてきましたがこのたび、以下の映画祭やジャーナリスト等を受賞しました。
 
    2004年12月・台湾のドキュメンタリー映画祭正式出品
    2004年12月・平和・協働ジャーナリスト基金奨励賞
    2005年2月 アースビジョン地球環境映像祭正式出品
     
これを記念しまして、日中友好会館のご協力で3月に東京での連続上映会が決定しましたのでお知らせいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・
■それは、ひとつの出会いから始まった
 2003年に訪れた中国で、私は27歳のリウ・ミンに
 会いました。彼女の父親は1995年に旧日本軍の
 砲弾の事故で殺されていて、一家は極貧に転落しました。
 学校を中退して借金のために働き続けた8年が、リウ・ミンに
 未来のない人生を強いていました。
■平和な時代に突然に・・・
 リウ・ミンとの出会いに胸が詰まる思いをした私は、
 その後、日本軍が遺棄した化学兵器などの
 被害者60人に取材しこの作品を作りました。
 ある者は失明し、ある者は生殖機能を奪われ、
 ある者は下半身が吹き飛んで殺されていました。
 その誰もが、平和な時代に、突然、未来を奪われました。
■よみがえる悪魔・化学兵器が命と環境を蝕む
 
 イラクなどで子どもがクラスター爆弾のかけらなどを拾って
 爆死する話を耳にします。それと、同じ事が今も中国で
 続いています。2003年には黒竜江省でドラム缶に入って
 棄てられていた日本軍の毒ガスが原因で、1人が死亡・
 子どもを含む43名に深刻な後遺症が残り苦しんでいます。■平和な時代に傷つけられる人々
 
 今も、世界中で戦争が続いていますが、
 戦争を始める人は戦場にはいきません。
 傷つけられるのはいつも名もなき市民です。
 そして、一度始めた戦争の被害は戦争が終わった後も長く続くのです。
 かつての戦争の置き土産で、平和な時代に傷つけられ、
 殺される人々。彼らの声に耳を傾けてください。 
________________________ 
■ 東京上映会のご案内
________________________
    
◎ 3月2日〜9日  日中友好会館大ホール(飯田橋)
   「にがい涙の大地から」 
    14:30〜 16:45〜 19:00〜
    当日 1300円  前売り 1000円
    (学生・シルバー・障害者200円割り引き)
 
    ◇チケット予約は 080−1045−8030
    5枚以上前売り券を購入して下さった方には
    1枚900円でお譲りします。
◎インドネシアの元「慰安婦」の過去への旅を取材した前作・『マルディエム彼女の人生に起きたこと』も同時上映。
     ◇連日 12:30〜上映。
◎「にがい涙の大地から」と「マルディエム」のチケットの半券を当日会場にお持ちいただければもう一本は半額でご覧になれます。
※その他の上映会はこちらでお確かめください。
  http://www014.upp.so-net.ne.jp/kanatomoko/page005.html
     

| | コメント (0)

1 16, 2005

憲法改悪を阻止しよう!2・19集会

憲法改悪を阻止しよう!2・19集会
 ・と き:2月19日(土)午後1時30分開会(開場午後1時)
 ・ところ:文京区民センター3A 
 ■プログラム
 ・問題提起—浅井基文さん(明治学院大学教授)
 「日本の行方と憲法—激動する世界の中で日本は今」(仮)
 ・リレートーク—各地で憲法改悪反対に取り組んでいる方々から
 ・分散会—運動を大きく広げるために
 ・資料代:500円
 ・主 催:民主主義と平和憲法を守る文京連絡会
     日本国憲法をくらしに生かす会
     テロ特措法・海外派兵は違憲 市民訴訟の会
     憲法擁護・非核平和を進める中野区民の会
     改憲とあらゆる戦争法に反対する市民ネットワーク21

| | コメント (0)

教育基本法改悪反対!1・22神奈川大集会

ここでとめなきゃ、いつとめる!
 教育基本法改悪反対!1・22神奈川大集会

 ・と き:1月22日(土) 13:30開会(開場12:30)
 ・ところ:川崎市教育文化会館
 ・プログラム:高橋哲哉さん、石坂啓さん、小沢牧子さん、藤田英典さんが
語る教育基本法改悪をめぐる「昨日」・「今日」・「明日」
         三宅晶子さん、大内裕和さんが訴える
         告発!神奈川・東京の教育をめぐる現状は?
         ともに結びあい、教育基本法改悪をとめよう!阻止しよう

 ・資料代:500円(高校生以下無料)
 ・主 催:《教育基本法改悪反対1・22神奈川大集会》実行委員会
       http://23ku.net/~k-kyouikihou

| | コメント (0)

12 12, 2004

小森陽一さん(東京大学教員)が語るつどい


 ・と き:11月1日(月) 18:30〜21:00(開場18:00)
 ・ところ:中野区勤労福祉会館 大会議室(3階)
 ・プログラム:小森陽一さんのお話とフリートーク
 ・資料代:500円
 ・主 催:11・1つどい実行委員会
      《参加団体》憲法擁護・非核平和を進める中野区民の会
            改憲とあらゆる戦争法に反対する市民ネットワーク21
      《連絡》hkn21@jt4.so-net.ne.jp

 小森陽一さんは、現在、「九条の会」事務局長、そして「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」(「全国連絡会」)の呼びかけ人として、精力的に全国各地を回れて、憲法と教育基本法の改悪に反対しようと訴えていらっしゃいます。
 来る11月6日(土)には、「全国連絡会」が主催して、日比谷野外音楽堂で「教育基本法の改悪をとめよう!全国集会」が開催されます。
この集会を大きく盛り上げていくために、そして、憲法と教育基本法の改悪を許さないために、この集会を開催します。
 小森さんのお話をじっくり伺い、会場全体で自由にディスカッションをおこないます。
 どうぞ、お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

what's new! | 書籍・雑誌 | 活動予定 | 活動報告