トップページ | 2005年1月 »

12 12, 2004

三重からの風・ブックレット第9号

『よくわかりました「劣化ウラン兵器禁止条約」が必要なこと』

         2004年6月刊
            A5判74頁 一冊600円

 

三重県在住で、反改憲ネット21会員でもいらっしゃいます宮西俊秀さんが主宰されている「地方自治ベースキャンプ」が、新しく右の題名のブックレットを発行されました。
「国際法主体としての市民」と題した猿田佐世・弁護士の講演(今年二月)と「劣化ウラン兵器と核サイクル」と題した小出裕章氏の講演(同五月)の記録が収められています。

 また、下の『朝日新聞』名古屋本社版「声欄」に掲載された宮西さんの投書にありますように、宮西さんは憲法前文や九条を広めるために精力的に朗詠をされており、どんな集まりでも希望があれば朗詠をして下さるとのことです。
 ブックレット及び朗詠のお問い合わせは、反改憲ネット21事務局まで。

| | コメント (0)

様々な団体・個人と力を合わせて、アメリカの「対テロ戦争」NO!、

 この8〜9月も、私たち反改憲ネット21は、様々な団体・個人と力を合わせて、アメリカのイラク軍事占領反対、自衛隊のイラクからの即時撤退、改憲・教育基本法改悪・都教委による03・10・23通達にもとづく「日の丸・君が代」強制にしたがわなかった教職員の大量処分に反対して、様々な取り組みをおこなってきました。
 以下は、その主なものの紹介です。

700余名の教職員・市民が都庁を包囲(8月30日)
 8月30日(月)に、都教委包囲ネットワークが呼びかけて、昨年10月23日に東京都教育委員会が出した卒業式・入学式に関する通達と、この通達に違反したとみなされた教職員の大量処分の撤回を求めて東京都庁包囲行動がおこなわれました。教職員・市民700余名が参加して、都庁を包囲するデモ行進をおこないました。
 また、デモ終了後には、新宿文化センターで集会を開き、この日の行動の成功と、今後にむけたさらなる奮闘を確認し合いました。

10・23通達と教職員大量処分の撤回を求める署名
 20877筆が都議会に提出される(9月7日)

 本誌前号(7・8月合併号)と一緒に送付して会員・読者のみなさんにもお願いしましたが、東京都教育委員会が昨年10月23日に出した卒業式・入学式に関する通達と、教職員の大量処分の撤回を求める署名20877筆が、去る9月7日に東京都議会に提出されました。
 今回の署名を主催した「卒業式・入学式に関する東京都教委通達の撤回を求める会」に参加しているみなさんが中心になってつくっている「学校に自由の風を!ネットワーク」が呼びかけて、来る10月23日(土)には、都庁↓新宿繁華街のパレードが行われます。通達と大量処分撤回をかちとるまで、ともにがんばりましょう。
 署名に協力して下さった会員・読者のみなさん、ありがとうございました。


全国から2500名が集まり教基法改悪ストップ!
 9月18日(土)には、日教組や「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会呼びかけ人」などからなる実行委員会の主催で、「教育基本法改悪ストップ!9・18全国集会」が開催されました。会場の日比谷公会堂には、立ち見が出る2500名以上が集まり、高橋哲哉、斉藤貴男、朴慶南の三氏による「愛国心」「伝統文化」をテーマとした鼎談を軸に、歌やコントも織り交ぜたプログラムが展開され、集会後には、銀座からJR東京駅前を抜けるデモ行進をおこない、教育基本法改悪NO!の声を響かせました。


2000名が集いイラク占領反対!自衛隊撤退!
 9・11 ビー・イン&ワールド・ピース・ナウ

 2001年の「9・11」から三周年にあたる9月11日(土)、全国で様々な集いが行われる中、東京では「BE-IN & WORLD PEACE NOW」が開催されました(明治公園)。午後3時からは、二〇〇〇余名が参加して原宿界隈を一周するパレード。私たち反改憲ネット21も参加して、アメリカのイラク占領反対!自衛隊即時撤退!憲法改悪反対!を訴えました。

| | コメント (0)

小森陽一さん(東京大学教員)が語るつどい


 ・と き:11月1日(月) 18:30〜21:00(開場18:00)
 ・ところ:中野区勤労福祉会館 大会議室(3階)
 ・プログラム:小森陽一さんのお話とフリートーク
 ・資料代:500円
 ・主 催:11・1つどい実行委員会
      《参加団体》憲法擁護・非核平和を進める中野区民の会
            改憲とあらゆる戦争法に反対する市民ネットワーク21
      《連絡》hkn21@jt4.so-net.ne.jp

 小森陽一さんは、現在、「九条の会」事務局長、そして「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」(「全国連絡会」)の呼びかけ人として、精力的に全国各地を回れて、憲法と教育基本法の改悪に反対しようと訴えていらっしゃいます。
 来る11月6日(土)には、「全国連絡会」が主催して、日比谷野外音楽堂で「教育基本法の改悪をとめよう!全国集会」が開催されます。
この集会を大きく盛り上げていくために、そして、憲法と教育基本法の改悪を許さないために、この集会を開催します。
 小森さんのお話をじっくり伺い、会場全体で自由にディスカッションをおこないます。
 どうぞ、お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。

| | コメント (0)

米軍ヘリ墜落事故と辺野古でのボーリング調査強行に抗議しよう!

 8月13日に起きた沖縄国際大学校舎への米軍ヘリ墜落・爆発炎上事故と、この事故をも口実にして9月9日に強行された辺野古新基地建設のためのボーリング調査に対して、全国から抗議の声をあげましょう!
 9月12日には、沖縄国際大学グラウンドに3万人余が集まり、事故への抗議と基地撤去の声が大きく上がりました。
また、本誌四頁にあるように、様々な団体が抗議の声明をあげています。この沖縄の闘いと連帯して、全国津々浦々から基地撤去!安保反対!の声をあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年1月 »